ウェザーニューズ、2月5日は都心で5~10cmの積雪と予報 | RBB TODAY

ウェザーニューズ、2月5日は都心で5~10cmの積雪と予報

ブロードバンド その他

南岸低気圧の影響を受ける地域の雪予報
  • 南岸低気圧の影響を受ける地域の雪予報
  • 2月5日の積雪予想マップ
ウェザーニューズは、南岸低気圧の到来により大雪が予想される2月5日の、最新の気象見解を発表した。

同社によると2月5日は東~北日本の内陸を中心に大雪となる見込み。最も降雪量が多くなるのは甲信地方で20~30cmとなりそうだ。関東では2013年の成人の日と同じような降り方が想定され、交通機関が乱れる恐れがある。

各地の積雪量は、都心では5~10cm、八王子や多摩では10~20cm、山梨では10~20cmと予想。一方、名古屋の積雪量は0~1cm、大阪は0cmと大きな影響はない見込みだが、金曜日の朝は路面の凍結に注意が必要だ。

なおウェザーニューズでは、2月5日の大雪に備えてもらうため、スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」内で、「最新大雪情報」の配信を開始。「最新大雪情報」では、鉄道・道路・航空への影響を伝える「交通影響予測」、ピークや積雪量を予想する「大雪ピンポイント」のほか、雨雪の境目が一目でわかるマップやレーダー画像を見ることができる。

2月5日は大雪に注意、都心で5~10cmの積雪…ウェザーニューズ

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

関連ニュース

特集

page top