「AAA」、ハリウッド映画と初のコラボ! | RBB TODAY

「AAA」、ハリウッド映画と初のコラボ!

エンタメ その他

イメージソングを歌うAAA/『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • イメージソングを歌うAAA/『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • イメージソングを歌うAAA/『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』ポスター (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
  • 『きっと、星のせいじゃない。』 (C)2014 TWENTIETH CENTURY FOX
ハリウッドで注目を集める若手俳優シャイリーン・ウッドリーとアンセル・エルゴートを主演に、全米初登場No.1ほか世界各国で大ヒットを記録した『きっと、星のせいじゃない。』が、いよいよ2月20日(金)より日本公開となる。このほど、本作のイメージソングに、今年デビュー10周年を迎える「AAA(トリプル・エー)」の書き下ろし新曲が起用されることが決定。「AAA」メンバーが語るコメント映像と、本作の世界観にぴったりのイメージソング「Lil’ Infinity」が入った予告編が解禁となった。

本作は、作家ジョン・グリーンによる人気ベストセラー小説を『(500)日のサマー』の脚本家コンビにより映画化。不治の病にかかった若い男女が、迷いながらも前向きに夢を追いかけ、恋に落ちていく様を描いた爽やかな青春ラブストーリーだ。

「AAA」といえば、西島隆弘、宇野実彩子、浦田直也、日高光啓、與真司郎、末吉秀太、伊藤千晃の男女7人組で結成されたパフォーマンスグループ。2015年9月にデビュー10周年を迎える彼らは、シングルを7か月連続リリースすることを発表しているが、その第二弾シングルとなるのが、本作のために書き下ろされた新曲「Lil’ Infinity」。



「70億の命の中で Your love運命に出会えた」、「この瞳の中輝く君を一瞬一秒たりとも見逃さずにいよう」と歌うこの曲は、運命の相手と巡り合う若き主人公ヘイゼル(シャイリーン)とオーガスタス(アンセル)のように、たった一人の“君”に出逢えた奇跡を歌う心温まるミディアムチューン。5年連続となる日本レコード大賞「優秀作品賞」の受賞や紅白歌合戦出場など活躍を続ける「AAA」が、ハリウッド映画とコラボレーションを果たすのは、なんと今回が初めて。

配給元の20世紀フォックス映画では、「不治の病にかかった若い男女の恋愛を描きながら、眩しいくらいの明るさと、抱えきれないほどの希望をくれる本作の魅力を伝えたいと考えたとき、『AAA』さんの持つキラキラとした爽やかなグループイメージが想起されました」とイメージソングの起用理由を説明。

「主人公のヘイゼルとガスは、自分の運命を決して悲観することなく、周囲への思いやりとユーモアの精神を常に持ち続ける、とてもポジティブで自立したキャラクターです。そんなふたりの姿と、各々がソロアーティストや役者として多方面で活躍する7名のメンバーで構成された『AAA』さんの魅力が重なりました。作中では、ガスとヘイゼルのピュアな恋愛だけでなく、友人アイザックとの賑やかな友情関係や、親子の絆も描かれます。男女混声ユニットである『AAA』さんだからこそ出せる、温かなハーモニーや賑やかなグループ感が、作品の魅力を一層深めてくれました」と、今回のコラボレーションに自信をのぞかせる。

また、自身も女優として活躍する「AAA」メンバーの宇野さんは、「『Lil' Infinity』は人と人とのつながりや出会い、大切な人との運命を温かく歌った楽曲です。みなさんの大事な人を想いながらこの曲を聞いて、より絆を深めていただればと思います」と、本作のテーマに触れてコメントを寄せている。

『きっと、星のせいじゃない。』は2月20日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋ほか全国にて公開。

「AAA」、ハリウッド映画と初のコラボに歓喜!「大事な人を想いながら…」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top