ディズニー実写『美女と野獣』ベル役にエマ・ワトソン! | RBB TODAY

ディズニー実写『美女と野獣』ベル役にエマ・ワトソン!

エンタメ 海外エンタメ

ベル役に抜擢された、エマ・ワトソン/(C) Getty Images
  • ベル役に抜擢された、エマ・ワトソン/(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン-(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン -(C) Getty Images
  • エマ・ワトソン
  • エマ・ワトソン-(C) Getty Images
『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役で愛される女優エマ・ワトソンが、ディズニーの新作実写映画『美女と野獣』でヒロインのベル役に抜擢された。米ウォルト・ディズニーが1月26日(現地時間)に正式発表したもので、「Us WEEKLY」などを始め海外メディア各社が大きく報じている。

『美女と野獣』は元々は、フランス発の小説だ。昔ながらの映画ファンならば、フランスの詩人であり映画監督として活躍したジャン・コクトーの実写化作品('46)を思い浮かべる人も多いだろうが、一般的に日本でその物語が知られ始めたのは、やはり1991年にディズニーが手がけたアニメーション映画だろう。さらに昨年には、フランスの新星女優レア・セドゥを主演に迎えての実写映画も公開され、日本でもスマッシュヒットを飛ばしていた。

今回の大抜擢にエマは自身のFacebookで「私がディズニーの新しい実写映画『美女と野獣』でベルを演じることを…やっとみんなに伝えられるわ! あの作品は子どもの頃から私の中で大きな部分を占めていて、『Be Our Guest』でダンスしたり、『Something There』を歌ったりできるなんて、もう夢のよう。こんなことが現実におこるなんて…6歳の頃の私が、天にも昇る気分なのーー心臓が破裂しちゃうわ。すでにいくつかの歌のレッスンを初めているところなのよ」と大興奮の様子でコメントをアップしている。

本作の監督は『シカゴ』『ドリームガールズ』などで知られるビル・コンドンが務め、撮影は今年の後半から開始される予定だという。

エマ・ワトソン、ディズニー実写『美女と野獣』でベル役に!「心臓が破裂しちゃう」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top