富士通と川崎市、「子育て支援アプリ」を実験開始……イベントや設備を検索可能 | RBB TODAY

富士通と川崎市、「子育て支援アプリ」を実験開始……イベントや設備を検索可能

エンタープライズ モバイルBIZ

子育て支援アプリ(Webアプリ)の画面イメージ
  • 子育て支援アプリ(Webアプリ)の画面イメージ
  • システムイメージ
 川崎市と富士通は6日、Linked Open Data(LOD)を活用した子育て支援アプリの実証実験を、川崎市麻生区にて開始した。実施期間は2月28日まで。

 これまで麻生区には、「子育てイベントの情報がどこで入手できるのか分かりにくい」「授乳やオムツ替えができる施設を効率的に探すことができない」といった市民の意見が寄せられていた。一方で、各種子育てイベントの情報をとりまとめる事務作業が煩雑になっていた。

 今回の実験では、位置情報を活用した富士通のクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Society Solution SPATIOWL(スペーシオウル)」と、子育てに係わるイベントやおでかけスポットの情報を管理するLODとを連携させて開発した、スマートフォン向けの子育て支援アプリを活用する。

 「SPATIOWL」の機能を活用することで、位置情報をキーとしたイベント・おでかけスポットの検索が可能となる。同時に、LODの機能を活用することで、イベントのカテゴリ・対象などの属性情報をキーとした検索が可能になるという。

 イベントのカテゴリ、開催地区、事前に登録した子どもの年齢などの絞り込み検索により、区役所の各部門・ボランティア団体など様々な主催者のイベントをまとめて探すことが可能。また、授乳やオムツ替えスペースなどの設備の有無による絞り込み検索や、現在地あるいは事前に登録した地点から近い順への並び替え表示にも対応する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top