プラネックスがURLリダイレクト機能を持つ無線LANルーターを発売 | RBB TODAY

プラネックスがURLリダイレクト機能を持つ無線LANルーターを発売

エンタープライズ セキュリティ

ゲスト用SSIDにアクセスすると設定した任意のURLの表示が可能。他の接続機器へのアクセス制限にも対応している(画像は同社webより)。
  • ゲスト用SSIDにアクセスすると設定した任意のURLの表示が可能。他の接続機器へのアクセス制限にも対応している(画像は同社webより)。
 プラネックスコミュニケーションズは無線LANルーター「MZK-750DHP2」を12月1日よりAmazonで販売開始した。オープンプライスでAmazon販売価格は税込4,980円。

 2015年1月公開予定のファームウェア更新で、店舗運用向けの「URLリダイレクト機能」を実装を予定している。店舗の無料WiFi運用などで、Webのスタートページを店の公式サイトやFacebookページなどに設定することができる機能だ。

 また、同社のWiFiデバイス管理アプリ「PLANEX 見えルンです!」を使用することで、現在接続されているWiFiデバイスを可視化して管理することができる。店舗運用でのゲストアクセスはもちろん、WiFiネットワークカメラの接続、アクセス管理、タイマー機能などの設定が容易に行える。

 無線機能は11acに対応し、最大接続速度は433Mbps。ファームウェアの更新は自動で行われる仕様となっている。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top