クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを検知……個人情報の悪用も | RBB TODAY

クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを検知……個人情報の悪用も

ブロードバンド セキュリティ

クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトの例
  • クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトの例
 BBソフトサービスは15日、「Internet SagiWall(インターネットサギウォール)」で検知したデータを基にした、2014年11月度のインターネット詐欺リポートを発表した。

 それによると、クリスマスプレゼントに便乗した詐欺サイトを検知したとのこと。年末年始は、さまざまなイベントなどに関連して物流が盛んになり、それに伴い多くのネット詐欺、サイバー犯罪が発生する。

 以前は「クリスマス」をキーワードに偽ブランド品を安く販売する、という単純な手口が多く見られたが、ここ最近は、「ラッピング無料」や「送料無料」などを売り文句に、クリスマスプレゼントを贈る習慣につけこむサイトが多く見られるという。

 これら詐欺サイトで購入すると、商品が送られてこないだけでなく、クレジットカード番号や個人情報をブラックマーケットで売買される可能性がある。BBソフトサービスでは、2次利用される可能性に注意するよう呼びかけている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top