長野県上田市でイノシシが店舗に突入! 市が注意喚起を呼びかけ | RBB TODAY

長野県上田市でイノシシが店舗に突入! 市が注意喚起を呼びかけ

ブロードバンド セキュリティ

今季は複数のイノシシが目撃されており、路上でも数頭から10頭程度の群れも確認。上田市役所農林部では目撃場所の通報を呼びかけている。
  • 今季は複数のイノシシが目撃されており、路上でも数頭から10頭程度の群れも確認。上田市役所農林部では目撃場所の通報を呼びかけている。
 長野県上田市では先週以来、複数のイノシシ目撃情報が市に寄せられている。市内のスーパーにイノシシが突入した事件もあり、その映像をテレビで見た人も多いだろう。防犯カメラの映像によると体長1mほどの3頭が、厚さ1cmのガラスを突き破って侵入したという。他にも自転車の高校生に衝突・転倒といった報道もあり注意を集めていた。それを受けてか同市のWebでは12月12日付で、イノシシの目撃情報と注意喚起のリリースが掲載された。

 イノシシに遭遇した場合は、「何もせずに放っておく」「ゆっくり後退して静かに退却する」「決して威嚇したりしない」といった対処を呼びかけている。特に犬の散歩ではイノシシに敵と認識されるため、十分な注意が必要とのこと。

 クマやイノシシの目撃情報が多くなっているのは、長野県下でも上田市に限った話ではない。イノシシは冬眠しないため、餌場を求めて人里に降りて来るケースも多いという。上田市に限らずクマの目撃情報や注意喚起は多いが、イノシシに関する防災情報は珍しい。今後もより警戒する必要がありそうだ。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top