ソフトバンク、過去最大約298億円を東南アジアのネット企業GrabTaxiに出資 | RBB TODAY

ソフトバンク、過去最大約298億円を東南アジアのネット企業GrabTaxiに出資

エンタープライズ 企業

「GrabTaxi」社サイト
  • 「GrabTaxi」社サイト
  • 「GrabTaxi」アプリ画面
 SoftBank Internet and Media, Inc.(SIMI)とシンガポールのGrabTaxi Holdings Pte Ltd(グラブタクシー)は4日、ソフトバンクがGrabTaxiへ2億5,000万米ドル(約298億円)を出資し、同社の筆頭株主となることで合意した。

 GrabTaxiは、2012年に創業し、現在マレーシア、フィリピン、タイ、シンガポール、ベトナム、インドネシアの6カ国内17都市において、タクシー配車アプリ「GrabTaxi」を提供している。アプリは、現在250万件ダウンロードされており、月間ユーザー数は50万人。東南アジアのモバイルタクシー配車サービス業界では、最大級の事業者となる。

 今回の出資は、ソフトバンクとして、東南アジアのインターネットカンパニーへの出資として過去最大とのこと。

 GrabTaxi創設者 兼CEOであるアンソニー・タン氏は「このたびの出資は、本業界において劇的な変化を起こし、東南アジアにおける交通手段を飛躍的に改善していくというわれわれのミッションの達成を促進させます」とのコメントを寄せている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top