ウォークマンとサウンドアートがコラボ……東京ミッドタウンで明日から | RBB TODAY

ウォークマンとサウンドアートがコラボ……東京ミッドタウンで明日から

IT・デジタル その他

12月4日から6日まで開催される「禁断のWALKMAN Hi-Res Symphonic Illusion」
  • 12月4日から6日まで開催される「禁断のWALKMAN Hi-Res Symphonic Illusion」
  • 音楽と光と水が織り成すイリュージョン
  • 「禁断のWALKMAN Hi-Res Symphonic Illusion」公式HP
 ソニーマーケティングは、東京・六本木の東京ミッドタウン キャノピー・スクエアにて、12月4日から6日まで「禁断のWALKMAN Hi-Res Symphonic Illusion」を開催する。ハイレゾ対応の新モデル「ウォークマン A」シリーズを体感できる。

 「禁断のWALKMAN Hi-Res Symphonic Illusion」は、ハイレゾ音源に対応した新「ウォークマン A」シリーズの高音質を利用し、音と水、そして色鮮やかな光が織り成す幻想的なサウンドアートを体感できるスペシャルイベント。会場ではハイレゾ音源対応ウォークマンの音楽と、流れ落ちる水、そして色鮮やかな光のイルミネーションからなる7体のユニットが展示される。

 そしてこのユニットをスマートフォンなどで動画撮影すると、流れ落ちる水が“逆流”や“静止”しているように見える不思議な体験を味わえる。動画撮影のフレームレートの関係を利用し、ウォークマンの音の振動が加えられた水が、奏でる音楽に合わせて様々に形を変える幻想的なイルミネーションとなっている。

 「ウォークマン A」シリーズは、世界最小・最軽量のハイレゾ対応プレーヤーとして11月に発売。ハイエンドオーディオなどに採用されているソニー独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master」をハイレゾ音源に最適化した「S-Master HX」を搭載。高域を含めた全帯域でノイズや歪みを低減し、低音からより繊細な高音まで再現する。

 また、CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、最大192kHz/24bit相当まで拡張してハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載する。

 ディスプレイは2.2型のカラー液晶(320×240ピクセル)で、対応ファイルはハイレゾファイルがFLAC/WAV/Apple Losslessの192kHz/24bitまでと、MP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/AAC/AIFF。ストレージ64GBの「NW-A17」と32GBの「NW-A16」がラインナップされる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top