ツインバードが人感センサーと自動撮影機能を備えたワイヤレスドアホンを発売 | RBB TODAY

ツインバードが人感センサーと自動撮影機能を備えたワイヤレスドアホンを発売

IT・デジタル その他

人感センサーは人の動きを検知すると屋内モニターに表示。1~3枚の静止画を自動撮影することもできる。
  • 人感センサーは人の動きを検知すると屋内モニターに表示。1~3枚の静止画を自動撮影することもできる。
 ツインバード工業は、人感センサーを備えたワイヤレステレビドアホン「ホームセキュリティーシリーズ ワイヤレス・テレビドアホン DoNaTa VC-J570S」を12月上旬から発売開始する。希望小売価格は29,000円。

 配線がいらないワイヤレスタイプで、玄関カメラと屋内モニターは2.4GHz帯の無線で接続。屋内モニターは充電台から離して動作させることも可能。人感センサーに反応し、動きを検知すると屋内モニターの画面が表示される。この状態で自動撮影の設定をしておけば静止画を撮影・記録することもできる。

 屋内モニターは3.5インチカラーTFT液晶を搭載し、ニッケル水素電池で連続2時間の動作が可能。一方の玄関カメラは電池駆動のため配線工事が不要。電池寿命は標準的な使用方法で約1年間となっている。

 配線工事が不要でドアホンとして手軽に運用でき、自動撮影によって玄関防犯カメラとしての活用も期待できる。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top