世界初の「物体指紋認証技術」、NECが開発……工業製品の個体識別が可能に | RBB TODAY

世界初の「物体指紋認証技術」、NECが開発……工業製品の個体識別が可能に

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

利用例1:流通トレーサビリティ(バッグ)
  • 利用例1:流通トレーサビリティ(バッグ)
  • 利用例2:真贋判定(ミシン)
  • 利用例3:部品管理・保守作業管理(ボルト)
 日本電気(NEC)は10日、工業製品・部品の個体識別を実現する、世界初の「物体指紋認証技術」を開発したことを発表した。

 「物体指紋認証技術」は、NECが有する指紋認証をはじめとする、さまざまな認識技術を応用・進化させたものだ。製品の表面に自然発生する、人間の目では判別が困難な微細な紋様(物体指紋)をもとに識別するという。

 カメラ部分に専用アタッチメントを取り付けることで、スマートフォンやタブレット端末の内蔵カメラでも認識可能。事前に登録した紋様の画像データと照合することで、製品の個体を瞬時・高精度に識別できる。

 本技術を利用することで、たとえば、バッグや財布など服飾製品の部品(ボタンやファスナーなど)の“物体指紋”を登録・認識することで、いつ、誰が、どの店舗で購入したかなど、製品のトレーサビリティを向上させ、製品保証の信頼性向上、製品のプロモーションなどに活用できる。そのほか企業においても、従来、識別用タグや特殊加工を付与できなかった物品で、個体や製造元の識別、真贋判定、部品管理・保守作業管理などが可能となる見込みだ。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top