東京ディズニーランド&シー、5,000億円を投資しエリア拡張や大型アトラクション | RBB TODAY

東京ディズニーランド&シー、5,000億円を投資しエリア拡張や大型アトラクション

エンタメ その他

東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」イメージ
  • 東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」イメージ
  • 東京ディズニーランド「ファンタジーランドの再開発」エリア
  • 東京ディズニーシー 「新テーマポートの開発」エリア
 オリエンタルランドグループは、東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの今後の開発構想を発表した。

 同開発構想は、2016中期経営計画に向けたもので、東京ディズニーランドにおける「ファンタジーランドの再開発」や、東京ディズニーシーの「新テーマポートの開発」を中心に、新規アトラクションを導入するもの。

 東京ディズニーランドでは、ファンタジーランドの面積を約2倍に拡張。現在の設備の刷新に加え、拡張するエリアへの複数の大型アトラクションやレストラン、ショップ等の導入を検討する。一方、東京ディズニーシーでは、ロストリバーデルタの南側の拡張用エリアに、複数の大型アトラクションやレストラン、ショップ等で構成される8つ目の「新テーマポートの開発」を検討。

 今後10年間(2015年3月期-2024年3月期)で、投資総額は5000億円を見込む。
《編集部》

関連ニュース

特集

page top