ティム・バートン監督がウルトラ怪獣と念願の対面「僕にとって家族だよ」 | RBB TODAY

ティム・バートン監督がウルトラ怪獣と念願の対面「僕にとって家族だよ」

エンタメ 映画・ドラマ

ティム・バートン監督&ウルトラ怪獣(ダダ、ピグモン、ガンキュー)/「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • ティム・バートン監督&ウルトラ怪獣(ダダ、ピグモン、ガンキュー)/「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • 又吉直樹(ピース)&ウルトラ怪獣/「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • ウルトラ怪獣“ダダ”とはしゃぐ、ティム・バートン監督/「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • ティム・バートン監督&ウルトラ怪獣/「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • 「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • 「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • 「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
  • 「ティム・バートンの世界展」オープニング式典
「ティム・バートンの世界展」のオープニング式典が10月31日(金)、東京・六本木ヒルズアリーナで行われ、来日中のバートン監督が出席。駆けつけたウルトラ怪獣「ダダ」「ガンキュー」「ピグモン」と対面し、「昔から大好き。僕にとって家族だよ」と大喜びだった。

『シザーハンズ』『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』などを手掛けたバートン監督によるスケッチやデッサン、油絵から未公開映像作品に至るまで約500点の日本未公開作品を公開し、常に唯一無二の世界をクリエイトし続ける鬼才のイマジネーションの源泉に迫る。

「みなさんが普段、美術館で鑑賞するような“芸術作品”ではないけれど、創作のプロセスを見てもらえるのは、僕にとっても特別な体験。ドキドキしているよ」とバートン監督。親日家としても知られ、「日本に来た回数? 100回くらいかな」と笑いを誘い、「日本映画に強く影響されているから、いつか日本を題材にした映画も撮ってみたいね。そのときは、東京で撮影するのもいいかもね」と来日早々、インスピレーションを刺激された様子だった。

ちなみに、バートン監督の胸元には「ダダ」のフィギュアが! 「僕にとってはラッキーチャームなんだ。だから、今日は実際に君たちウルトラ怪獣に会えて光栄だよ」と喜びを新たにしていた。

式典にはオフィシャルサポーターを務めるお笑いコンビ「ピース」の綾部祐二と又吉直樹が、ウィリー・ウォンカとシザーハンズの扮装で登場。また、東京モード学園の学生による、バートン作品をモチーフにしたファッションショーも開催された。

2009年に「ティム・バートン展」としてニューヨーク近代美術館(MoMA)で開催。来場者数は80万人以上、同館史上3番目の動員を記録した。今回は「ティム・バートンの世界展」に改称し、14年3月のプラハを皮切りに世界をめぐり、日本に初上陸した。

六本木の森アーツセンターギャラリーでの展示は、「アラウンド・ザ・ワールド」「カーニヴァレスク」「フィギュア:男?女?生物?」「フィルムキャラクター」「ホリデー」「影響を受けた人」「誤解されがちなアウトサイダー」「ポラロイド」「書斎」「実現しなかったプロジェクト」という10に及ぶテーマセクションで構成。芸術の秋、ぜひ“鬼才”の頭の中に足を踏み入れ、創造×想像のミラクルを体感してみては?

ティム・バートン、ウルトラ怪獣と念願の対面!「ティム・バートンの世界展」日本上陸

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top