アプリックス「Beacon」、京都市営バス778台に採用 | RBB TODAY

アプリックス「Beacon」、京都市営バス778台に採用

エンタープライズ ハードウェア

京都市営バス停留所でのバスの接近を知らせるシステム
  • 京都市営バス停留所でのバスの接近を知らせるシステム
  • 京都市営バス車内に設置されたアプリックスのビーコン
  • 京都市営バス停留所でのバスの接近を知らせるディスプレイ
  • 京都市交通局に採用されたアプリックスのビーコン「MyBeacon Pro 汎用型 MB004 Ac」
 アプリックスIPホールディングスは31日、同社の「Beacon」が、京都市交通局の京都市営バスに採用され、実運用を開始したことを発表した。

 アプリックスのBeaconを全788台のバスに設置し、京都市交通局と京都高度技術研究所(ASTEM)が共同開発した「ポケロケ」を応用したアプリケーションと連携することで、「Beaconを活用して、バスの接近を通知する」サービスを提供するもの。バスが近づくと、停留所のディスプレイに反映、バスを待っている利用者にバスの接近を知らせることができる。Beaconの交通インフラへの採用は初とのこと。

 京都市交通局では、以前から市内約300個所のバス停に無線方式バスロケーションシステムを導入しているが、新サービスは当初数個所のバス停で開始され、年度内には60個所のバス停に専用ディスプレイが設置され、順次拡大されていく予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top