佐賀市内の中心街にて寄贈された防犯カメラシステムが稼働開始 | RBB TODAY

佐賀市内の中心街にて寄贈された防犯カメラシステムが稼働開始

ブロードバンド セキュリティ

12台の防犯カメラは10日間の映像を記録し、捜査機関などからの照会に応じて犯罪抑止に活用される(写真は佐賀市の公式サイトより)。
  • 12台の防犯カメラは10日間の映像を記録し、捜査機関などからの照会に応じて犯罪抑止に活用される(写真は佐賀市の公式サイトより)。
 佐賀県の佐賀南ロータリークラブは、創立30周年記念事業として防犯カメラ12台を佐賀市に寄贈した。カメラは同市中心繁華街に設置され、すでに稼動が開始されている。

 「佐賀の安心・安全な街づくり」をテーマとして、同クラブが佐賀市及び警察と協議の結果、防犯カメラを寄贈。防犯カメラの運用や管理についてはプライバシー保護を考慮した上で佐賀市が行う。

 防犯カメラは商業施設の壁面、繁華街へ通じる道路交差点などに設置され、犯罪抑止などが期待されている。撮影画像の保存期間は10日で、経過後は新たな画像を上書きして消去される。
《防犯システム取材班/宮崎崇》

関連ニュース

特集

page top