ブラッド・ピット、結婚後初の来日が決定!最新作「フューリー」に自信 | RBB TODAY

ブラッド・ピット、結婚後初の来日が決定!最新作「フューリー」に自信

エンタメ 映画・ドラマ

『フューリー』第58回ロンドン国際映画祭クロージングで行わワールドプレミア上映
  • 『フューリー』第58回ロンドン国際映画祭クロージングで行わワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
  • 第58回ロンドン国際映画祭クロージング『フューリー』ワールドプレミア上映
ブラッド・ピットを主演に第二次世界大戦下、たった1台の戦車でドイツ大軍を相手に立ち向かった5人の兵士たちの生き様を描く『フューリー』。10月19日(現地時間)、第58回ロンドン国際映画祭クロージングで行われたワールドプレミア上映にキャスト陣が登場し、日本の取材に応じたブラッドが本作を引っ提げ来日することを明らかにした。

1945年4月、第二次世界大戦下のヨーロッパ戦線。過酷な戦場を経験してきた戦車部隊の指揮官ウォーダディ(ブラッド・ピット)のもとに、戦闘経験のない新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)が副操縦士として配属されてくる。“激しい怒り”を意味する“フューリー”と名付けられた戦車に乗り込んだ5人の兵士の闘いは、そこから始まった…。

男女問わず幅広い観客からの熱い支持を集め、全米の批評家たちも「この30年で最高の戦争映画」(DEADLINE HOLLYWOOD)、「冒頭のシーンから観客を捕らえて放さない」(Rolling Stone)、「この映画で戦争映画の歴史を塗り替えた」(DAILY MAIL)など絶賛する声が相次ぎ、映画批評家たちのレビューを集めた「Rotten Tomatoes」では、81%がフレッシュ(10月20日現在)と、公開と共に評価が高まっている。

この日、オデオン・レスタースクエアで行われたレッドカーペットに登場したのは、ブラッドを始め、新兵を演じたローガン・ラーマン、シャイア・ラブーフ、ジョン・バーンサル、マイケル・ペーニャと共に戦ってきたキャスト陣。

ブラッドとは公私ともに師弟関係となったローガンは、「最高の役者たちとすばらしい協力ができた。彼らを尊敬しているし、彼らも僕に敬意を払ってくれた。互いに多くのことを学びあった。ブラッド・ピットの献身ぶりはすばらしい。自分も間違いなく彼と同じレベルで最大限の努力をした。すばらしい人々と組むことでもっと成長することができる」と代表作として自信をのぞかせた。

本作を手がけたデヴィッド・エアー監督は、「ブラッド・ピットは、とても強烈な個性の持ち主で、同時にとても仕事熱心な人。リーダーシップには、模範を示すことも含まれているが、ブラッドはいつでも模範を示してくれた。彼はどんなときでもセットにいてくれた。彼はセットを離れることがなかった。彼のそういう態度が刺激になって、ほかの役者たちもずっとセットにいた。これはめったにないことだ」と、撮影をふり返りブラッドの役者魂を称賛した。

そして会場に集まったファンの大歓声に迎えられて登場したブラッドは、本作について「歴史の研究や、肉体的なトレーニングをこなし、リーダーシップや戦車について学んだ。本当に戦争に行ったような感覚だ。僕たちは、実際に戦車を動かすことができるようになったからね。砲撃はできないが、戦車を稼働させることはできる」とコメント。さらに、「日本に行けることを楽しみにしている。早くみなさんに『フューリー』を観てもらいたい」と来日について笑顔で話した。

ブラッドは今回、『ワールド・ウォーZ』以来1年3か月振り、アンジェリーナ・ジョリーとの結婚後初となる10度目の来日となる。

『フューリー』は11月28日(金)よりTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開。

ブラッド・ピット、結婚後初となる来日決定に「行けることを楽しみにしている!」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top