KDDI研、ネットの話題とみんなの感想を、自動検索・表示する技術を開発 | RBB TODAY

KDDI研、ネットの話題とみんなの感想を、自動検索・表示する技術を開発

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

サービスの画面例
  • サービスの画面例
  • 一般的なコメント提示方式と、本技術の提示方法との比較
  • 利用シーン
 KDDI研究所は20日、SNSや掲示板に投稿されたコメントを解析することで、話題になっているコンテンツ(オンラインニュースやテレビ番組、映画、音楽、アプリなど)を自動検索し、ユーザー主観のコメントを表示するキュレーション技術を開発したことを発表した。

 ネット上の話題のコンテンツに対するコメントのなかから、ユーザーの主観を含むコメントのみを自動的に取り出し、コメントに含まれる顔文字(例:「欲しい(σ´囗`。)」など)、文字列の連続出現(例:「誰得wwwww」など)、記号表現や文体といった、より感情が現れやすい言葉の特徴を捉えることで、コメントの主観度合いを測定し、感情豊かな表現を収集するという。

 主観度合いの高いコメントのなかから、反応が分かりやすいものをポップアップで表示することが可能。また既存サービスなどですでに集められたコンテンツに対しても適用できる。

 この技術を活用することで、「各ユーザーのコメントとともに、ニュースや作品へのリンク一覧を表示する」といったサービスが提供可能になる。

 KDDI研究所では同日より、コンテンツ提供者を対象に本技術のトライアルを実施。トライアル用webサイトで、話題のコンテンツに対してのユーザー主観コメントをリアルタイムで表示する。期間は申し込み後、アカウント発行から10日間。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top