宮沢りえ、撮影忘れ“素”でそばを食べる…「ビール頼みたくなった」 | RBB TODAY

宮沢りえ、撮影忘れ“素”でそばを食べる…「ビール頼みたくなった」

エンタメ 映画・ドラマ

宮沢りえ/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ&長塚圭史&犬童一心監督/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ&長塚圭史&犬童一心監督/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 宮沢りえ/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 長塚圭史/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
  • 犬童一心監督/WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」完成披露試写会
WOWOW連続ドラマWで放送される「グーグーだって猫である」の完成披露試写会が10月16日(木)、都内で開催され、第1話上映後の舞台挨拶に主演の宮沢りえを始め、長塚圭史、犬童一心監督が登壇した。

2008年に小泉今日子・主演で犬童監督の手により映画化もされた大島弓子の自伝的エッセイ漫画を、同じく犬童監督が連続ドラマ化。長年連れ添った愛猫・サバを失い、落ち込む漫画家の麻子が運命的に出会ったアメリカンショートヘアのグーグーと共に過ごす日々を全4話で描き出す。

撮影のほとんどは原作の舞台でもある吉祥寺で行われたが、宮沢さんは「私の中で住みたい街No.1」と語るほど、撮影を通じて吉祥寺が気に入ったよう。「車を降りて撮影の場所に行くまでに入りたくなるお店がたくさんあって、誘惑を断つのが大変でした(笑)」とふり返る。

麻子という役を通じて、漫画家・大島弓子の人生を生きたと言えるが「あれほど素晴らしい漫画をお描きになる方が日々をどう過ごしているのか? 撮影前に妄想するのが楽しかったです。あれだけ素晴らしいものを描くには葛藤もあるし、表現する人の苦悩、ものを生み出す苦悩がある。一方でそれを見せず、穏やかで、ものや人が好きで、キラキラしている麻子もいて、その2つの面をちゃんと出せたらと思っていました」と語る。

長塚さんは麻子の担当編集者の大森を演じたが、何かと麻子を気遣う役で第1話から麻子と食事を一緒にするシーンが多く登場する。「カメラの前で食べるのに慣れないし、目の前に宮沢りえがいるんですよ(苦笑)!」とその難しさを語るが、徐々に楽しくなっていったよう。「なかなか、みなさんは宮沢りえとお食事する機会はないでしょうが、僕は相当、一緒に食べましたよ(笑)」と自慢げにふり返り、会場は笑いに包まれた。

宮沢さんも、食事のシーンは印象深かったようで「おそば屋さんでは本番中というのを忘れて、ビールを頼みたくなりました(笑)」と述懐。犬童監督は「本番中なのに、どう見ても普通に食べてました。普通はセリフも言わなくちゃいけないので抑制気味になるんだけど…。これまでいろんな人の食べる様子を撮ってきたけど、間違いなくこの2人の食べるシーンが最高!」と称賛していた。

全4話を通して、最後は麻子が51歳になるまでの時間を描くが、不思議と画面からはゆったりとした時間の流れが伝わってくる。長塚さんは「最近、世の中慌ただしいし、海外ドラマなどでもものすごいスピードで進みますが、この作品は全く違うスピードで独特の時間が流れます」と語る。

宮沢さんも「麻子が日々をどう過ごし、年齢、人生をどう重ねていくのか? 静かな時間の中で温度を持って表現しています」と本作ならではの魅力を強調。会場は温かい拍手に包まれた。

「グーグーだって猫である」はWOWOW連続ドラマWにて10月18日(土)より放送開始(全4話/第1話無料放送)。

宮沢りえ、そば屋での撮影で「本番を忘れてビールを頼みたくなった」

《text:cinemacafe.net》

関連ニュース

特集

page top