宮沢りえ、太宰治役の小栗旬を絶賛「今まで見たことのない小栗さん」「一番好きな顔!」 | RBB TODAY

宮沢りえ、太宰治役の小栗旬を絶賛「今まで見たことのない小栗さん」「一番好きな顔!」

女優の宮沢りえと蜷川実花監督が23日、都内で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』大ヒット御礼舞台挨拶に登場した。

エンタメ 映画・ドラマ
宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ、蜷川実花監督【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ、蜷川実花監督【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ、蜷川実花監督【撮影:小宮山あきの】
  • 宮沢りえ【撮影:小宮山あきの】
 女優の宮沢りえと蜷川実花監督が23日、都内で行われた映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』大ヒット御礼舞台挨拶に登場した。

 同作は、天才作家・太宰治のスキャンダラスな恋と人生を蜷川監督が映画化。究極のダメ男でモテ男の太宰治を小栗旬、太宰の正妻・美知子を宮沢りえ、作家志望の愛人・静子を沢尻エリカ、最後の女・富栄を二階堂ふみが演じる。

 宮沢は「太宰の妻として、とっても過酷で濃密な時間を過ごしました。小栗さんが演じる太宰はもちろん、子役の子たちが素晴らしい演技で、奇跡の連続が毎日続いていたので、それが画面の中に納まったなと思います。作品に携われて光栄です」と、同作に挑んだ思いを語った。

 撮影時については「台本で相当ハードルが高いなっていうシーンがあって。これはどう成立させるんだろう?と思って現場に行くと、監督がさらりと『じゃあやってみよう~』って言っていて。とてつもないハードルを軽々と超えようとする監督のパワーに背中を押されました」と回顧。「実花監督と時間を過ごせたことは私の宝物です」と、笑顔で監督への感謝の気持ちを語った。

 「美知子と太宰の関係性について、どうとらえていた?」との問いには、「美知子は太宰の一番の理解者で、ファンだったと思うんですよね。その彼を支える妻は辛かっただろうけど、愛し続けていられた時間は幸せだったんじゃないかな」と回答。また「クリエイティブな仕事をしている人は、どこか太宰に近いもろさがあって、人間としては成立してないけれど、表現者としては最高っていう人が多いですよね」と前置きし、「でも私は表現者として、家庭は守って、仕事では攻めまくるのが理想ですね」と、自身の表現者としての理想も語った。

 16kg減量して太宰役に臨んだ小栗については、「現場でもみるみるうちに痩せていって……。最初に本読みの時に会った時の小栗さんと、現場での小栗さんは明らかに違っていて、その役を生きているというのをすごく感じました」とコメント。

 「私が敷居のところに立って(家族を)『壊しなさい』って言った後の、小栗さんの顔がこの映画の中で一番よかったと思います。今まで見たことのない小栗さんだなと思っていて、あの時の小栗さんは一番好きな顔です」と小栗の太宰を絶賛すると、蜷川監督も「あそこのシーンは物凄かった。本当にりえちゃんに引き出された顔ですよね」と熱く語っていた。
《小宮山あきの》

関連ニュース

特集

page top