体型変化に悩む女性、憧れの“美型シルエット”は天海祐希や黒木瞳 | RBB TODAY

体型変化に悩む女性、憧れの“美型シルエット”は天海祐希や黒木瞳

エンタメ 調査

「加齢による体型変化の悩み」
  • 「加齢による体型変化の悩み」
  • 「どのようなエイジングケアにチャレンジしてみたいと思うか」
  • 「20代・30代の頃と今を比べると、どのようなファッション意識の変化があるか」
  • 「もしも、自身にとっての”理想のパンツ”を手に入れたら、それを履いてどのようなことをしたいと思うか」
 世の女性たちにとって、加齢とともに訪れる体型の変化は生涯の悩み。ポッコリお腹や二の腕のたるみ、ヒップの下垂など気になる部分を、トレーニングで鍛えたり、エステに通ったり、または“隠す”ファッションを心掛ける人もいるだろう。

 この度、日本ランズエンドが、40代から50代までの1,000人の女性を対象に「大人の女性の体型変化とエイジングケアに関する調査」を実施。加齢による体型変化の悩みについて、「下腹がぽっこりしてきた」(71.4%)がダントツで高く、続いて、「二の腕のたるみが出てきた」、「背中に余分な肉がついてきた」が5割台、「ヒップトップが下がってきた」、「ウエストのくびれが消滅して寸胴になってきた」が4割台となり、全体的に、お腹や腰回りの変化を気にしている人が多いことがうかがえる結果となった。

 また、同調査によると、自身が「大人らしさを求めるタイプ」というよりも、「若くいたいタイプ」と答えた人は7割半。若さを保ちたいと考える人が多数派となる結果となったが、どのようなエイジングケアを行っているのだろうか?“見た目”に関しては、食事制限や紫外線対策なども挙げられたが、最も多かったのは「シルエットがより美しく、より若々しく見える洋服を着る」という“着ヤセ”効果に期待するもの。“心”に関しては、恋愛ものの映画・ドラマ・漫画の鑑賞、アイドルの追っかけなど、異性を意識することでエイジングケアを実践しているようだ。

 体型変化をフォローするものとして、ファッションは重要なアイテムの一つ。20代から30代に比べると「体のラインが出にくい洋服を選ぶようになった」(54.3%)という人が最も多い結果となったが、大多数の人が「おばさんくさい服装はしたくない」(93.3%)と考えており、ジレンマを抱えている様子。また、お腹や腰回りの変化を気にしている人が多いと先述したが、着用時のシルエットが際立つパンツ(ボトムス)に関して、“理想のパンツ”を手に入れたら、「おしゃれなスポットに出掛ける」、「パートナーとデートをする」などの回答が得られ、“見た目”の自信を持つことで女性はアクティブになるようだ。

 ちなみに、そんな40代から50代の女性たちに、「シルエットが美しく、大人の女性の魅力を感じる“美型シルエット”」を持つ著名人を聞いたところ、40代では1位に天海祐希(55.6%)、2位に松嶋菜々子(36.0%)、3位に江角マキコ(31.4%)がランクイン。50代では1位に黒木瞳(46.4%)、2位に大地真央(29.4%)、3位に樋口可南子(28.2%)という結果に。同調査では、「いつまでも綺麗でいたい」という女性たちの願望が明らかとなったが、女性たちが自信を持ってハツラツと輝いていれば、おのずと社会も明るくなる?
《渡邊晃子》

関連ニュース

特集

page top