ケイ・オプ、各種放送方式で変調した4K映像を、FTTH網で伝送実験 | RBB TODAY

ケイ・オプ、各種放送方式で変調した4K映像を、FTTH網で伝送実験

ブロードバンド テクノロジー

ネットワーク図
  • ネットワーク図
 ケイ・オプティコムは16日、CATV(ケーブルテレビ)放送およびBSデジタル放送、地上デジタル放送の各方式で変調した4K映像を、FTTH(家庭向け光ファイバー)網においてリアルタイムで伝送する国内初の実験を行うことを発表した。

 10月26日に開催される「大阪マラソン2014」で実施。フィニッシュ地点である、インテックス大阪前で撮影した4K映像をCATV放送方式、BSデジタル放送方式、地上デジタル放送方式に変調し、ケイ・オプティコムのFTTH既存設備を利用して伝送する。なお、HD映像も同様に伝送し、比較表示する。

 当日は一般も4K映像を観覧できるよう、インテックス大阪2号館ケイ・オプティコムブースにおいて、パブリックビューイングを実施し、フィニッシュ地点の様子を生中継する。

 FTTH事業者として、各種変調方式で伝送することで、今後実施される4K試験放送の再放送やケイ・オプティコムが制作・放映するコミュニティチャンネルの4K対応に関する技術の蓄積が狙い。これらをもとに、早期にeo光テレビで、家庭向け4K映像配信を実現したいという考えだ。

 ケイ・オプティコムは、昨年の「大阪マラソン2013」において、世界初となるH.265/HEVC技術を用いてリアルタイムエンコードした4K映像の伝送に成功している。今回、昨年度に得られた知見をさらに発展させ、eo光テレビを提供しているFTTH網を利用して4K映像を伝送する実験を実施する。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top