SBT、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービスを提供開始 | RBB TODAY

SBT、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービスを提供開始

エンタープライズ セキュリティ

従来サービスと「Active Directory診断サービス」との比較
  • 従来サービスと「Active Directory診断サービス」との比較
  • 「Active Directory診断サービス」の内容
 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)は10日、Active Directoryに対するセキュリティ診断サービスの提供を開始した。

 リモート・オンサイトの侵入テストでシステムの全体的なリスクを検出する「ペネトレーション診断」「ペネトレーション診断プラス」に加え、Active Directoryの脅威を検出する「Active Directory診断」を提供。Active Directoryサーバーおよび環境に対して、SBTのセキュリティ専任エンジニアが、ネットワーク経由とサーバーの設定情報の両面から問題点の検出を行い、対策を提示する。

 具体的には、ポリシーに対する設定確認、推測されやすいパスワードが設定されたアカウント検出、ネットワーク上に顕在化する問題点の検出、OSやソフトウェアの欠陥・弱点への攻撃を行う。“攻撃者視点での診断”により、実際に侵入されてしまった後の影響範囲や、発生が想定される事態について、より詳細に可視化できるようになるとのこと。

 価格はスポット対応(1回)・1ドメインコントローラー・100ユーザまでの診断の場合で98万円より。要望に応じ、内容や回数は自由にカスタマイズ可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top