ゼンリンとタグキャスト、飯能市の食べ歩きイベントでO2O実証実験を実施 | RBB TODAY

ゼンリンとタグキャスト、飯能市の食べ歩きイベントでO2O実証実験を実施

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

実証実験のイメージ
  • 実証実験のイメージ
  • 専用アプリ「はんのう路地グルメ」について
 ゼンリンとタグキャストは8日、“ジオフェンシング機能”とビーコンによる屋内位置情報サービス“TAGCAST”の連携による、スマートフォンを活用したO2Oサービスの実証実験を実施することを発表した。

 “ジオフェンシング機能”は、ゼンリンと関連会社のゼンリンデータコムが提供する位置情報技術。特定エリアに仮想的な“フェンス”を作ることで、当該エリアにGPS端末が「入った」「出た」を判定できる。一方“TAGCAST”は、小型のBluetooth発信機(ビーコン)と位置情報を緯度経度・階数および住所を紐づけてクラウドで統合管理する技術だ。

 “広いエリア”を設定してGPSで識別できるジオフェンシング機能と、店舗内など“狭いエリア”を高い精度で識別できる「TAGCAST」を組み合わせることで、イベント通知から来店の誘導、店舗に来店した参加者への特典配付まで、シームレスな提供が可能となる。

 実験は、10月10日~12日に埼玉県飯能市で行われる食べ歩きグルメイベント「はんのう路地グルメ2014」において実施。iPhoneに専用アプリをインストールした「路地グルメ」参加者が、アプリを使って店舗めぐりをすることで、O2Oサービスの有効性を検証する。実験参加店舗数は約40店(10月7日現在)。一般来場者はApp Storeでアプリ「はんのう路地グルメ」をダウンロードして参加可能。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top