【CEATEC 2014 Vol.15】Huawei、8コア搭載の「Ascend Mate 7」SIMフリー版を12月に国内発売 | RBB TODAY

【CEATEC 2014 Vol.15】Huawei、8コア搭載の「Ascend Mate 7」SIMフリー版を12月に国内発売

IT・デジタル モバイル

【CEATEC 2014 Vol.15】Huawei、8コア搭載の「Ascend Mate 7」SIMフリー版を12月に国内発売
  • 【CEATEC 2014 Vol.15】Huawei、8コア搭載の「Ascend Mate 7」SIMフリー版を12月に国内発売
  • 【CEATEC 2014 Vol.15】Huawei、8コア搭載の「Ascend Mate 7」SIMフリー版を12月に国内発売
  • 6インチでHuaweiの新フラッグシップモデル「Ascend Mate 7」。12月にSIMフリー版が日本で発売される
  • ベゼル幅を狭めたデザイン
  • 背面には指紋認証も搭載
 ファーウェイ・ジャパンは6日、SIMロックフリーで8コアプロセッサ搭載のハイエンドモデル「Ascend Mate 7」を12月に日本国内で発売すると発表した。同機は開催中のCEATEC JAPAN 2014でも展示されている。価格は未定で改めてアナウンスされる。

 「Ascend Mate 7」は、9月に開催されたIFA 2014で発表された最新モデルで、プロセッサに1.8GHz駆動の4コア「Cortex-A15」と1.3GHz駆動の4コア「Cortex-A7」で構成される計8コア(オクタコア)の「Kirin 925」を採用したハイスペックモデル。

 アプリや映像などで使用するコアが異なり、ゲームのような高負荷下と通話やメールなどの低負荷下では動かすプロセッサを変え、これにより省電力化も進めた。バッテリ消費は最大で50%改善されるという。

 ディスプレイは6インチフルHD(1,080×1,920ピクセル)、OSはAndroid 4.4、メモリ2GB、ストレージは16GB、カメラは1300万画素/500万画素。

 デザイン面ではベゼル幅を狭めた狭額縁設計で、6インチサイズのわりに持ちやすくした。背面に指紋センサーを搭載し、ネットワークではLTEが下り最大300MbpsのCategory 6に対応する。デュアルSIMスロットを搭載し、このどちらにもLTEのSIMを挿すことが可能。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top