シャープ、次世代型MEMS-IGZOディスプレイ開発……7型タブレットを2015年発売 | RBB TODAY

シャープ、次世代型MEMS-IGZOディスプレイ開発……7型タブレットを2015年発売

IT・デジタル モバイル

MEMS-IGZOディスプレイ搭載の7型タブレットを2015年上半期に発売予定
  • MEMS-IGZOディスプレイ搭載の7型タブレットを2015年上半期に発売予定
  • MEMS-IGZOの仕組み解説図
  • 高色再現モード、高輝度モード、白黒表示モードの3つの駆動モードを用意
 シャープは6日、クアルコム社の子会社であるPixtronix社と共同で開発したMEMS-IGZOディスプレイを搭載した7.0型タブレット端末を発表した。発売は2015年上半期の予定。

 MEMS-IGZOディスプレイは、省電力が特長のIGZOディスプレイの進化モデル。MEMSシャッターとスリット、及びバックライトを採用することにより、高いバックライト透過量と低消費電力、RGBの光源による高い色再現が可能となった。

 また、光源そのものの光をシャッターの制御により画像を表示する構造であるため、シャッターの制御方法を変えることで 用途に適した駆動モードに変更が可能。駆動モードには高色再現モード、高輝度モード、白黒表示モードの3つが用意され、表示モードはワンタッチで切り替えが行える。省電力でありながら、外光下での優れた視認性、高い色再現性を実現した。

 端末は7インチで解像度は1,280×800ピクセル、OSはAndroid 4.4、プロセッサにはSnapdragon 800を予定しており、LTE、防水対応になる。法人向けとして2015年上半期に発売される予定。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top