KDDI、Firefox OS搭載の組み込み機器プラットフォームを開発……開発者に無償提供 | RBB TODAY

KDDI、Firefox OS搭載の組み込み機器プラットフォームを開発……開発者に無償提供

エンタープライズ ハードウェア

「Open Web Board」外観
  • 「Open Web Board」外観
  • 「Gluin」画面
 KDDIは3日、組み込み開発者およびWeb開発者向けのクリエイティブプラットフォームとして、Firefox OSをベースとした開発ボード「Open Web Board」とアプリケーション開発ツール「Gluin」を発表した。

 「Open Web Board」は、Firefox OSをベースとしたスティック型開発ボード。Bluetooth Low Energy(BLE)をサポートしており、市販のZigbee通信モジュールを接続することで、近距離無線通信機能を備えたさまざまな電子機器との連携が可能だ。「Open Web Board」は、KDDIが10月下旬以降順次開催する開発者向けイベントにて、無償提供される(数量限定)。

 「Gluin」は、PCブラウザ上の操作だけで簡単に電子機器同士の連携プログラミングが可能なアプリケーション開発ツール。「Open Web Board」や英ARM社のmbed機器に代表されるさまざまな組み込み型機器を、Web上で一元的に管理できる。

 KDDIでは、今後開催する開発者向けイベント情報や、開発者間での電子機器やプログラミングに関するアイデアの共有を目的としたコミュニティサイト「au Firefox OS Portal Site」を開設している。なお、Mozilla Japanのイベント「Mozilla Open Web Day in Tokyo」(10月5日、千代田区外神田で開催)において、「Open Web Board」と「Gluin」が展示およびデモンストレーションされる予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top