楽天スーパーポイント、実店舗でも利用可能に……共通ポイント「Rポイントカード」開始 | RBB TODAY

楽天スーパーポイント、実店舗でも利用可能に……共通ポイント「Rポイントカード」開始

ブロードバンド その他

楽天「Rポイントカード」紹介ページ
  • 楽天「Rポイントカード」紹介ページ
  • 配布中のカード
  • Rポイントカード加盟店
 楽天は1日、「楽天スーパーポイント」の共通ポイントサービス「Rポイントカード」を開始した。これにより、楽天スーパーポイントを実店舗での支払いに利用可能となる。

 これまで「楽天スーパーポイント」は、「楽天市場」などの楽天グループの各種サービスで獲得・支払い利用が可能だった。実店舗では、クレジットカード「楽天カード」や電子マネー「楽天Edy」での決済、来店ポイントアプリ「楽天チェック」の利用により、ポイント獲得が可能だったが、支払いには利用できなかった。

 「Rポイントカード」では、同サービスに加盟する12社・団体が運営する全国約1万3,300以上の実店舗で「Rポイントカード」を提示することにより、「楽天スーパーポイント」を獲得できるとともに、ほとんどの加盟店での支払いにも充当可能となる。

 「Rポイントカード」は、楽天GORA一部加盟店のほか、サークルK・サンクス、ポプラ、出光サービスステーション、ミスタードーナツで配布中。なお、楽天グループでは、「楽天Edy」と「Rポイントカード」を一体化させた「Edy-Rポイントカード」も提供する。

 また10月初旬より、「Rポイントカード」の会員証バーコード表示機能が付いたiOSとAndroid向けの無料アプリも提供する予定。これにより、カード本体を持ち歩くことなく「Rポイントカード」の利用が可能となる。来春には、簡易端末を利用した個人店向けの「Rポイントカード」サービスも提供予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top