【ツーリズムEXPOジャパン】高知県は食でアピール!秋は戻りガツオ | RBB TODAY

【ツーリズムEXPOジャパン】高知県は食でアピール!秋は戻りガツオ

 じゃらん宿泊旅行調査における「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」部門で1位を獲得した経験がある高知県では、食を全面に打ち出したピーアールを行っている。

エンタメ その他
高知県のブース
  • 高知県のブース
  • 来年開催予定のまるごと東部博
 じゃらん宿泊旅行調査における「地元ならではのおいしい食べ物が多かった」部門で1位を獲得した経験がある高知県では、食を全面に打ち出したピーアールを行っている。

 「やはり鰹のタタキです」と話すのは、高知県観光コンベンション協会の千葉一孝氏だ。「戻りガツオといって脂がのった鰹が新鮮が状態で入ってきます。沖合でとってきた鰹を、その日のうちに料理して食べさせてもらえます」「新鮮な状態で入ってくるので
塩をふった状態で食べるのが塩タタキです」。

 県の観光にかける意気込みは強い。よさこい祭りは大きな祭りのひとつだが、今年は台風が直撃して前夜祭がなくなった。1日目も交通が回復したのが16時ころと、ほとんど初日は催しにならなかった。宿泊キャンセルも随分でたという。大河ドラマ「龍馬伝」放送時が、観光人口のピークとなり始めて400万人を超えたが、その後減少。京阪神地域へのPRの強化により、昨年また400万人に回復した。

 来年4月から12月までは高知県東部地域博覧会を予定。東部の9市町村が連携してイベントやキャンペーンが開催される。また、坂本龍馬生誕180年を迎える来年など、観光材料は目白押しだ。また、最近では仁淀川の神秘的な透明度が注目されているという。
《RBB TODAY》

関連ニュース

特集

page top