ソニー、ハイレゾ対応で価格も抑えた世界最小・最軽量「ウォークマン」Aシリーズ | RBB TODAY

ソニー、ハイレゾ対応で価格も抑えた世界最小・最軽量「ウォークマン」Aシリーズ

 ソニーは25日、ハイレゾ対応プレーヤーとしては世界最小・最軽量となる「ウォークマン」Aシリーズを発表した。発売は11月8日、予想実売価格は25,000円前後~。

IT・デジタル その他
ハイレゾ対応で世界最小・最軽量「ウォークマン NW-A17」と「ウォークマン NW-A16」
  • ハイレゾ対応で世界最小・最軽量「ウォークマン NW-A17」と「ウォークマン NW-A16」
  • 「ウォークマン NW-A16」にあるローズピンク
  • 「ウォークマン NW-A17」「ウォークマン NW-A16」にあるシルバーモデル
  • microSDスロットを搭載
 ソニーは25日、ハイレゾ対応プレーヤーとしては世界最小・最軽量となる「ウォークマン」Aシリーズを発表した。発売は11月8日。ストレージ64GBの「NW-A17」と32GBの「NW-A16」がラインナップされ、予想実売価格は「NW-A17」が35,000円前後、「NW-A16」が25,000円前後。

 本体サイズは幅43.6mm×高さ109mm×奥行8.7mm、重量66gと、ハイレゾ対応デジタルミュージックプレーヤーとしては世界最小・最軽量を実現。また、価格もハイレゾ音源対応としては抑えたモデルとなっている。

 ハイエンドオーディオなどに採用されているソニー独自開発のフルデジタルアンプ「S-Master」をハイレゾ音源に最適化した「S-Master HX」を搭載。高域を含めた全帯域でノイズや歪みを低減し、低音からより繊細な高音まで再現する。

 また、CDやMP3などの圧縮音源の高音域を補完し、サンプリング周波数とビットレートを本来の数値より高めることで、最大192kHz/24bit相当まで拡張してハイレゾ相当にアップスケーリングする「DSEE HX」を搭載した。これにより、すでに持っているCDやMP3音源も、臨場感あふれる高音質で再生できる。

 ディスプレイは2.2型のカラー液晶(320×240ピクセル)で、対応ファイルはハイレゾファイルがFLAC/WAV/Apple Losslessの192kHz/24bitまでと、MP3/WMA/ATRAC/ATRAC Advanced Lossless/AAC/AIFF。

 このほか周囲の騒音を約98%カットするデジタルノイズキャンセリング機能に対応し、MP3音源で連続最大約50時間、ハイレゾ音源で連続最大約30時間というロングライフも実現。microSDXCメモリーカードにも対応した。ボディカラーは「NW-A16」がシルバー、ブラック、ブルー、ローズピンクの4色、「NW-A17」はシルバーとブラックの2色となる。
《関口賢》

関連ニュース

特集

page top