【物欲乙女日記】「森永の焼プリン 本日のスペシャリテ」のスペシャルさ | RBB TODAY

【物欲乙女日記】「森永の焼プリン 本日のスペシャリテ」のスペシャルさ

 皆さんこんにちは、物欲乙女の奥 麻里奈です。すっかり季節が移り変わってきましたね。夜になるのも早くなりましたし。

エンタメ その他
物欲乙女の奥 麻里奈
  • 物欲乙女の奥 麻里奈
  • 森永の焼プリン 本日のスペシャリテ
  • 森永の焼プリン 本日のスペシャリテ
  • 森永の焼プリン
 皆さんこんにちは、物欲乙女の奥 麻里奈です。

 すっかり季節が移り変わってきましたね。夜になるのも早くなりましたし。猛暑のさなかに酒屋さんに行ったら秋限定ビールの予約なんかを受け付けていて「もう秋のこと考えんの? 今から考えられないよ」って思ったんですが、すぐでしたよね。8月末には秋ビール買ってました。「ものすごい暑いな~」と思っていた猛暑も正味2週間くらいじゃなかったですか? 夏ってこんなに短かったんでしたっけ? 毎年のことなのに毎年律儀に忘れてて自分でびっくりします。

 で、そんな消費者の秋気分にすっと差し込んで来るように森永乳業「森永の焼プリン」の新製品が9月9日に登場。その名も「森永の焼プリン 本日のスペシャリテ」。どんなスペシャルさなんだろう? ということで、2つを食べ比べてみました。 

 まずは従来からある「森永の焼プリン」の方を。うん、“ザ・焼プリン”な、安心安定の美味しさですね。子どもはこっちの味の方が好きそう。焼プリンなので生地がしっかりしていて香ばしい。この大きさで113円(税込)って、よく考えたら安いですね。

 今度は「本日のスペシャリテ」、まず大きさが通常版の「焼プリン」より小さい。希望小売価格も135円(税込)と、通常版に比べてちょい高です。小さくて高い、これ美味しいスイーツの鉄則ですね。

 どれどれ、とスプーンで一すくいすると……。ん!! 口に入れた瞬間、ラム酒の香りがムワッと立ちのぼる! 生地に濃厚な滑らかさがあって、大人で高級な味! 従来より焼き目が濃くなって、より香ばしい。そして目線を容器に移す私。「え? 中身が見た目を大幅に上回ってますけど?」 この「本日のスペシャリテ」、良い意味で容器も値段も釣り合ってないです! 市販のアイスにも100円のものとその2、3倍する高級路線のものが売られてますが、こちらのプリンは後者に当たるクオリティ。なのに通常版のスモールバージョンといったパッケージで、しかもたった20円差です……。

 というわけで、たとえばお昼のデザートとして「量は少しでいいからちょっと贅沢したいな」っていう気分のときには「本日のスペシャリテ」、「ばくばくプリンが食べたいぞ!」っていう気分のときには「焼プリン」をお弁当に買い足す、みたいなシーンが思い浮かびます。秋スイーツの楽しみに「本日のスペシャリテ」の贅沢さを味わってみるのもよいですね。12月中旬までの期間限定商品だそうです。
《奥 麻里奈》

関連ニュース

特集

page top