医師・看護師の所在管理システムを開発……インテックと大成建設 | RBB TODAY

医師・看護師の所在管理システムを開発……インテックと大成建設

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

活用イメージ
  • 活用イメージ
  • 非可聴領域の音波とスマートフォンを活用した屋内位置特定技術
 インテックと大成建設は26日、スマートフォンを利用して医師・看護師の所在管理を行う、低コストな屋内所在管理システム「T-Location.H」を開発したことを発表した。

 8月19日に総務省から発表された「医療機関における携帯電話等の使用に関する指針」では、一定のルールのもと医療機関において携帯電話等の使用が可能となった。「T-Location.H」は、医師・看護師が携帯しているスマートフォンを、位置検知用のデバイスとして利用し所在確認を行えるシステムとなる。

 施設内の廊下やエレベーター、階段などの動線上の分岐地点周辺に音波を発信するID発信機を設置し、対象者が、どのエリアに存在する確率が高いかを解析・推定し、その位置情報を提供する。スマートフォンやタブレットの内蔵マイクを使い、人に聞こえない非可聴領域の音波を検知することで、通過履歴情報を管理する。1秒以内での高速な位置検知が可能。

 大成建設が開発し導入実績のある医療機器所在管理システム「T-Location.ME」の所在検知技術を基に、インテックが開発した非可聴領域の音波と屋内位置特定技術を利用し、医師・看護師の所在確認を実現した。当面iOS向けに提供し、Android OSは年内に対応の予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top