富士フイルムとIMAGICA、映像業界向けデータ保管サービスで業務提携 | RBB TODAY

富士フイルムとIMAGICA、映像業界向けデータ保管サービスで業務提携

エンタープライズ 企業

LTO Ultrium 6 データカートリッジ
  • LTO Ultrium 6 データカートリッジ
  • 「d:ternity」利用イメージ
 富士フイルムとIMAGICAは18日、映像業界向けデータアーカイブ分野において業務提携するパートナー契約を締結したことを発表した。

 富士フイルムは、映像作品や企業の研究データなど長期保管が必要な貴重なデータを、コンピュータ用磁気テープ「LTO Ultrium 6データカートリッジ」に記録して長期保管するデータアーカイブサービス「d:ternity」(ディターニティ)を今年4月より開始している。LTO Ultrium 6データカートリッジは、磁気特性・長期保存性に優れた独自の「バリウムフェライト(BaFe)磁性体」を用いており、長期保存後も、安定してデータを読み出すことが可能となっている。

 今回、改めて映像業界向けに、映画やテレビ番組などの映像作品のデジタルデータを長期保管するサービスを、IMAGICAを通して富士フイルムが提供する。現在IMAGICAは、ポストプロダクション業務のほか、過去にフィルムで撮影された映画作品をフィルムの状態に応じて修復し、デジタル変換して復元することで、作品を利活用したり保存するサービスを提供している。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top