夏休み長期休暇に向け、IPAがセキュリティ対策を呼びかけ | RBB TODAY

夏休み長期休暇に向け、IPAがセキュリティ対策を呼びかけ

 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は6日、夏休みの長期休暇中およびその前後における、情報セキュリティの注意事項を公開した。

ブロードバンド セキュリティ
IPA「夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起」ページ
  • IPA「夏休みにおける情報セキュリティに関する注意喚起」ページ
 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)は6日、夏休みの長期休暇中およびその前後における、情報セキュリティの注意事項を公開した。

 お盆休みや夏休みなどの長期休暇中は、システム管理者が不在になり、トラブルが発生しても対処が遅れることも多い。また家庭でも、時間に余裕があり、インターネットを利用する機会が増えるとともに、普段はアクセスしないサイトを利用することも多い。

 この注意喚起は、休暇中や休暇明けに、ウイルス感染や情報漏えいなどのトラブルに遭わないようにし、万が一の場合にも被害が拡大しないよう呼びかけryものだ。「システム管理者」「企業など組織の一般利用者」「家庭での利用者」「スマートフォン、タブレットの利用者」の4つを対象にし、それぞれに注意点や対策を解説している。

■概要
【システム管理者向け】
・緊急対応体制、盗難・紛失時の連絡体制
・最新バージョンの利用
・修正プログラムの適用
・パターンファイルの更新
・情報持出しルールの徹底
・アクセス権限の再確認
・情報取扱いルールの徹底
・パスワード管理の徹底
・サイバー攻撃対策の点検

【企業など組織の一般利用者向け】
・インターネットバンキング利用時の注意
・修正プログラムの適用
・パターンファイルの更新
・利用前のウイルスチェック
・メールの取り扱いの徹底

【家庭での利用者向け】
・インターネットバンキング利用時の注意
・最新バージョンの利用や修正プログラムの適用
・USBメモリ等の取り扱いの徹底
・必要データのバックアップの推奨
・情報取扱いルールの徹底
・SNS利用上の注意
・ウェブサイト利用時の注意
・パスワード管理の徹底

【スマートフォン、タブレットの利用者向け】
・スマートフォン、タブレット使用ルールの徹底
・スマートフォン、タブレット使用時の注意
・セキュリティアプリの導入
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top