映画『LIFE!/ライフ』のロケ地、ほとんどアイスランド | RBB TODAY

映画『LIFE!/ライフ』のロケ地、ほとんどアイスランド

映画『LIFE!/ライフ』のロケ地となったアイスランドで、作品の世界観を追体験するプレスイベント=ジャンケットがこのほど開催された。劇中で主人公は世界各地を旅行するが、実際は多くのシーンをアイスランドで撮影している。

エンタメ 映画・ドラマ
『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • オラフ/『LIFE!/ライフ』ジャンケット
  • 『LIFE!/ライフ』
  • 『LIFE!/ライフ』
 映画『LIFE!/ライフ』のロケ地となったアイスランドで、作品の世界観を追体験するプレスイベント=ジャンケットがこのほど開催された。劇中で主人公は世界各地を旅行するが、実際は多くのシーンをアイスランドで撮影している。

 映画は、廃刊が決定した『LIFE(ライフ)』誌の写真管理部に務めるウォルターが、最終号を飾る写真を探すミッションの中で、勇気と生きる喜びを見つける旅を描く。

 ベン・スティラー演じるウォルター・ミティはショーン・ペン演じるカメラマン、ショーン・オコンネルを追って劇中、グリーンランド、アイスランド、ヒマラヤ、アフガニスタンへと旅をするのだが、実はアメリカ以外を全てアイスランドで撮影している。

 プレスイベントでジャーナリストたちが目にしたアイスランドの山並みが、ヒマラヤとして劇中に登場したのだ。ジャーナリストは氷河から流れ出す川を横断したとき、激しい車の揺れに困難だった撮影を想像できたようだ。

 さらに氷上ウォーキングや、ヘリコプターからの空撮を模したフライトも行なわれた。ヘリコプターには、自身も操縦ライセンスを持つ、劇中にウォルターをヘリコプターに乗せた酔いどれパイロット役のオラフ・オラフソンも同乗した。アイスランドのシーンで登場している人々は、みな現地の人だ。

 オラフは、共演したスティラーについて、「監督としても素晴らしいが、才能のある役者だ。彼のレベルに追い付くために、共演する僕達は相当な努力を強いられるんだよ」とコメントしている。

 火山の噴火でウォルターを救出しに行くホテルオーナー役を演じたグナー・ヘルガソンは、「僕らアイスランダーが、普段見逃している美しさが映っていたんだ。ヒマラヤのショットでは1シーンだけCGを使っていたけど、それ以外は実際の場所で撮影している」と、アイスランドを舞台にした映画ができたことを喜んでいる。

<ストーリー> 雑誌『LIFE(ライフ)』の写真管理部に通勤しているウォルターは、何ひとつ変わりばえのない日々を繰り返している。ある日、最終号の表紙を飾る写真のフィルムがないことに気づいた彼は、カメラマンを探す旅に出発する。『LIFE!/ライフ』は8月2日、20世紀フォックスホームエンターテイメントジャパンからDVD&ブルーレイとなって発売される。
《高木啓》
page top