【ケーブルコンベンション2014】コミチャンをアグリゲート――「もじテレ」をリビングで | RBB TODAY

【ケーブルコンベンション2014】コミチャンをアグリゲート――「もじテレ」をリビングで

 ケーブルテレビ業界が注目している新しいサービスに「じもテレ」がある。ケーブル技術ショー2014では、ソニーのブースで実機によるデモを見ることができる。

ブロードバンド 回線・サービス
地方のコミュニティチャンネルの番組をリビングで視聴
  • 地方のコミュニティチャンネルの番組をリビングで視聴
  • じもテレのミラーリングに対応したブラビア
  • じもテレは標準ブラウザで視聴可能だ
  • ケーブルテレビ事業者が注目するじもテレ
  • ソニーのブース
 ケーブルテレビ業界が注目している新しいサービスに「じもテレ」がある。ケーブルコンベンションのケーブル技術ショーでは、ソニーのブースで実機によるデモを見ることができる。

 じもテレは、ケーブルテレビ各局のコミュニティチャネルをアグリゲーションして、各番組をVODサービスとして提供するもので、端末としてはPC、スマートフォンやタブレットを想定しており、ブラウザやアプリによって番組を視聴する。VODなので過去番組を後で視聴するのに便利なサービスだ。また、加入していないケーブル局のコミュニティチャネルの番組も視聴できる。

 ソニーのブースでは、このじもテレの画面をリビングの大画面テレビにミラーリングするアプリと対応テレビ(ブラビア)の展示を行っていた。じもテレサイトの番組は、原則として標準ブラウザ経由で視聴することができるが、PCやスマートフォンではリビングで家族やグループで視るには向いていない。ブース担当者によれば、リビングでの家族のだんらんを大事にするため、じもテレも大画面で視られるようにしたという。

 デモされていたシステムでは、スマートフォン・タブレットに表示されている画面を、Wi-Fiによって直接テレビに送信する。Wi-Fiの接続などはスマートフォン側のミラーリングアプリとテレビ側に組み込まれた機器とアプリが、ほぼ自動的に行う。Wi-Fi部分やアプリはドングルタイプにすることも可能だそうだ。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top