眞鍋かをりが芸能界に行かなかったら……キャリア支援イベントで適職を分析 | RBB TODAY

眞鍋かをりが芸能界に行かなかったら……キャリア支援イベントで適職を分析

リクルートキャリアは21日、自分に合ったヘッドハンターが見つかる次世代リーダー向けキャリア支援サイト「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」のオープンを記念し、東京都内で「次世代リーダー キャリアカンファレンス チャレンジし続けるキャリアの切り拓き方」を開催。

エンタープライズ フォトレポート
転職も考える!? 眞鍋かをり
  • 転職も考える!? 眞鍋かをり
  • グロービス経営大学院の堀義人学長
  • クライス&カンパニーの丸山貴宏代表取締役社長
  • 「転機が数回あった」という眞鍋かをり
  • 東京大学大学院総合文化研究科のロバート・キャンベル教授
  • プロコミットの清水隆史代表取締役社長
  • 次世代リーダーキャリアカンファレンス「チャレンジし続けるキャリアの切り拓き方」
  • 眞鍋かをり
 リクルートキャリアは21日、自分に合ったヘッドハンターが見つかる次世代リーダー向けキャリア支援サイト「CAREER CARVER(キャリアカーバー)」のオープンを記念し、東京都内で「次世代リーダー キャリアカンファレンス チャレンジし続けるキャリアの切り拓き方」を開催。

 キャリアカーバーは、リクルートキャリアが運営する次世代リーダーのキャリア形成を支援するためのサイトで、経営幹部クラスの転職支援実績が豊富なヘッドハンターのなかから自分に合うヘッドハンターを見つけることもできる。「自分のキャリアを長期的な視点で伴走してくれる“かかりつけのヘッドハンター”と出会い、キャリアを切り拓くためのサイト」と同社。

 同イベントには、クライス&カンパニー代表取締役社長・丸山貴宏氏やプロコミット代表取締役社長・清水隆史氏などのトップクラスのヘッドハンターをはじめ、東京大学院総合文化研究科教授・ロバート キャンベル氏やタレントの眞鍋かをり、フリーアナウンサー・木佐彩子らが登壇した。

 眞鍋は、「変化が激しい業界にいるので、来年すらわからないけど、変わらなければという強迫観念もある」と現在の心境を語った。

 ディスカッションでは、ヘッドハンターである丸山氏や清水氏が、「眞鍋かをりが芸能界に行かなかったら」という仮説で、適職を分析。丸山氏は「強みのナチュラル感をいかして、制約や制限の少ないコンサルティング業界などがいい」と、清水氏は「コミュニケーション能力や専門能力がある。マーケティングとか広報なども向いている」とアドバイス。眞鍋は「転職できますかね? あとで詳しく教えてください!」と興味をしめしていた。

 同サイトは、35~44歳で年収1000万円前後の次世代リーダー候補を対象にした調査を実施。「キャリアアップに向けて前向きにチャレンジしたいか」という問いに約8割が「チャレンジしたい」と答えたが、同時に「今後のキャリア形成に対して、何らかの不安がある」という回答があったという。

 今回のイベントは、こうした「不安がありながらもチャレンジしたい」という声を反映し、実際に30代半ばで転身しキャリアを切り拓いた一流ビジネスパーソンや、次世代リーダーのキャリア形成に長年携わっているトップヘッドハンターやエグゼクティブコンサルタントの講演を組み入れたという。
《大野雅人》

関連ニュース

特集

page top