グーグル幹部がソフトバンク入り、副会長に | RBB TODAY

グーグル幹部がソフトバンク入り、副会長に

ソフトバンクは18日、米国のGoogleで幹部を務めるニケシュ・アローラ氏が、本年10月にソフトバンクに参画することを発表した。アローラ氏はソフトバンクのバイスチェアマン(副会長)、および米国で設立されるSoftBank Internet and Media, Inc.(SIMI)のCEOを務める。

エンタープライズ 企業
 ソフトバンクは18日、米国のGoogleで幹部を務めるニケシュ・アローラ氏が、本年10月にソフトバンクに参画することを発表した。アローラ氏はソフトバンクのバイスチェアマン(副会長)、および米国で設立されるSoftBank Internet and Media, Inc.(SIMI)のCEOを務める。

 アローラ氏はGoogleにおいて欧州事業を担当し、最近5年間は最高事業責任者を務めていた。ソフトバンクでは孫正義代表取締役社長の直属となり、職責を果たす。

 孫代表取締役社長はアローラ氏の参画について「グローバルな成長戦略の策定、実施、管理において私の右腕となって活躍してもらう。さらにSIMIのCEOとして、ソフトバンクがここ数年にわたって展開してきたインターネット、通信およびメディア事業、グローバルな投資活動を直接監督してもらう」と説明する。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top