死後のデジタルケアを行う「Yahoo!エンディング」提供開始……メッセージ送付、データ消去など | RBB TODAY

死後のデジタルケアを行う「Yahoo!エンディング」提供開始……メッセージ送付、データ消去など

ブロードバンド ウェブ

「Yahoo!エンディング」トップページ
  • 「Yahoo!エンディング」トップページ
  • 生前準備サービスに関するページ
 ヤフーは14日、自身の死亡後に備えておく新サービス「Yahoo!エンディング」を開始した。供養・仏事の情報提供を行う鎌倉新書が協力し、サービスを提供する。

 「Yahoo!エンディング」は、自身が亡くなったときのために備えておく『生前準備』、お葬式の総額見積もりをオンライン上で確認し手配ができる『葬儀手配』、相続税や遺言状などの基礎知識を学べインターネット経由で専門資格者に依頼もできる『相続・遺言』など、5つのカテゴリから構成されたサービス。

 『生前準備』では、「Yahoo!エンディング」の利用登録をすることで、自分が死亡した際に最大200名に向けて送付されるメッセージを、あらかじめ個別に作成しておける。また訪問者による追悼メッセージを残せるメモリアルスペースも装備する。

 また、死亡が確認できた段階で、生前に利用していた「Yahoo!ウォレット」の課金が停止される機能、「Yahoo!ボックス」のデータ削除機能なども用意されている。今後、データ削除だけでなく遺族へのデータ移管なども行う予定(実装時期未定)。

 「Yahooエンディング」では、利用登録者が亡くなったことを公的証明書(火葬許可証)を基に確認する独自の方法を実現。これにより、なりすましによる遺言メールの誤送付などの心配をせずに安心して生前準備を行えという。

 ヤフーと鎌倉新書は5月より「ヤフーの葬儀手配」を先行して提供している。今回、サービス領域をさらに拡大し、「家族の死」だけでなく「自分の死」も含めた“人生の最期”(ライフエンディング)における課題を解決するサービスとして、「Yahoo!エンディング」を提供するとのこと。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top