台風第8号、11日に関東地方へ | RBB TODAY

台風第8号、11日に関東地方へ

 気象庁予報部は10日15時50分、台風第8号に関する情報(第106号)を発表した。台風第8号は10日15時現在、室戸岬の南南東約40kmを45km/hの速さで東北東へ進んでいる。

ブロードバンド テクノロジー
台風第8号、11日に関東地方へ
  • 台風第8号、11日に関東地方へ
 気象庁予報部は10日15時50分、台風第8号に関する情報(第106号)を発表した。台風第8号は10日15時現在、室戸岬の南南東約40kmを45km/hの速さで東北東へ進んでいる。

 台風の中心は11日3時には静岡県沼津市付近に達し、その後、温帯低気圧に変わって、15時には三陸沖に達する見込みだ。

 台風の中心は11日3時には、沼津市付近の北緯35度00分、東経138度40分を中心とする半径90kmの円内に達する見込み。中心の気圧は990ヘクトパスカル、最大風速は23メートル、最大瞬間風速は35メートルが予想される。台風はこの後、温帯低気圧に変わり、11日15時には三陸沖の北緯38度05分、東経143度40分を中心とする半径160kmの円内に達する見込み。

 10日15時現在、台風第8号の中心の気圧は985ヘクトパスカル、最大風速は25メートル、最大瞬間風速は35メートル。中心の南東側600km以内と北西側390km以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。高松地方気象台は16時22分の発表で、10日夜遅くにかけ、四国太平洋側ではうねりを伴った高波に警戒し、徳島県では土砂災害に警戒するよう呼びかける。

 また大阪管区気象台の16時10分の発表によると、台風第8号は、10日夜のはじめ頃から夜遅くにかけて近畿地方に、名古屋地方気象台の11時02分の発表によると、10日夜のはじめ頃から11日明け方にかけて東海地方に最も接近する見込み。高波、浸水害、河川の増水やはん濫、土砂災害に警戒を呼びかけている。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top