台風第8号北上中、9日夜には九州の西へ | RBB TODAY

台風第8号北上中、9日夜には九州の西へ

ブロードバンド テクノロジー

台風第8号北上中、9日夜には九州の西へ
  • 台風第8号北上中、9日夜には九州の西へ
 気象庁予報部は8日21時50分、台風第8号に関する情報(第55号)を発表した。大型で非常に強い台風第8号は21時現在、久米島の北北西約190kmをおよそ25km/hの速さで北へ進んでいる。

 台風の中心は、9日9時には東シナ海、21時には九州の西、10日21時には足摺岬の南南西約130km、11日21時には東海道沖に達する見込み。

 8日21時現在、台風第8号の中心の気圧は945ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は45メートル、最大瞬間風速は60メートル。中心の南東側280km以内と北西側200km以内では風速25メートル以上の暴風となっている。また、中心の南東側700km以内と北西側440km以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

 台風の中心は、12時間後の9日9時には東シナ海の北緯29度55分、東経125度50分を中心とする半径90kmの円内に達する見込み。中心の気圧は950ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は60メートルが予想される。予報円の中心の南東側350km以内と北西側280km以内では風速25メートル以上の暴風域に入るおそれがある。

 沖縄気象台の19時33分の発表によると、沖縄本島地方では高潮特別警報を解除したが、引き続き暴風と高波に警戒するよう呼びかけている。宮古島地方では暴風特別警報、高潮特別警報を解除、また波浪特別警報を波浪警報に切り替えた。

 鹿児島地方気象台の16時22分発表によると、奄美地方では風速25メートル以上の暴風域に入っている所がある。福岡管区気象台の16時44分の発表によると、九州西海上では9日朝から非常に強い風が吹き、猛烈なしけとなる所があるという。九州北部地方では、10日は大荒れの天気となり、大雨や暴風、高波のおそれがある。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top