SDN活用の次世代ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」発表 | RBB TODAY

SDN活用の次世代ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」発表

 KDDIは12日、SDN技術を活用した新しい広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(KDDI WVS 2)を発表した。申込み受付を7月末より開始し、KDDIまとめてオフィスグループでも取り扱い、法人向けに9月末から提供を開始する。

ブロードバンド テクノロジー
ネットワークイメージ
  • ネットワークイメージ
  • カスタマーコントローラ 画面イメージ
  • 「KDDI WVS」と「KDDI WVS 2」の関係
  • 主な提供メニュー
  • 料金例
 KDDIは12日、SDN技術を活用した新しい広域ネットワークサービス「KDDI Wide Area Virtual Switch 2」(KDDI WVS 2)を発表した。申込み受付を7月末より開始し、KDDIまとめてオフィスグループでも取り扱い、法人向けに9月末から提供を開始する。

 「KDDI WVS 2」は、クラウド型セキュリティ機能やインターネット接続帯域を自由に設定できる機能を備えた、次世代の広域ネットワークサービス。世界初となるクラウド型のイントラネットファイアウォール機能を用意し、異なる企業間での閉域ネットワークを利用する場合にも、安心・安全な社内セキュリティを確保できる。

 料金は、各メニューの組み合わせにより変動。たとえばインターネット帯域1Gベストエフォート+セキュリティ機能 (UTM) を利用する場合は月額12万円となる。なお2015年春には、オーバーレイ機能による仮想ネットワークを実現するメニューの追加が予定されている。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top