【Inetrop 2014 Vol.27】汎用サーバーで40Gbpsのフルキャプチャー+蓄積……富士通 | RBB TODAY

【Inetrop 2014 Vol.27】汎用サーバーで40Gbpsのフルキャプチャー+蓄積……富士通

エンタープライズ ソフトウェア・サービス

汎用サーバーで40Gpbsのフルキャプチャー実演中
  • 汎用サーバーで40Gpbsのフルキャプチャー実演中
  • キャプチャしたパケットを検索する画面
  • システム構成図
  • さらなる高速化をめざす
  • 展示コーナーの様子
  • 富士通ブース
 富士通は、汎用サーバーとストレージを利用したソフトウェアによるトラフィックキャプチャー製品を参考出品していた。キャプチャーできる速度は40Gbpsまで対応する。

 キャプチャーするTAP部分は40Gbpsに対応している必要があるが、そこから先のNIC、サーバー、ストレージなどは汎用的なものでもリアルタイムの観測+蓄積ができるという特徴を持つ。

 パケットの解析や分類はソフトウェアで行うが、処理に応じたデータサイズごとに解析などを行うため、処理中にコピーを作成しないで済むような技術(特許出願済)、高速DA技術などを開発したことで、40Gbpsのリアルタイムキャプチャーが可能になったという。現状ではフィルタリング処理は実装していないそうだが、ソフトウェア実装であるため、これらのニーズに対応することは可能だという。また、libcap API経由でユーザーアプリケーションとの連携も可能だ。

 富士通では、年内をめどに製品化し、Proactnes II QM(ネットワーク故障検知ソフトウェア)に組み込む予定だそうだ。主なターゲットは通信キャリア、データセンターに加え、セキュリティベンダーのSOCサービスなども視野に入れているという。
《中尾真二》

関連ニュース

特集

page top