2014ワールドカップ開幕戦主審、日本の西村審判 | RBB TODAY

2014ワールドカップ開幕戦主審、日本の西村審判

 FIFAは10日、2014ワールドカップの開幕戦、12日開催の地元ブラジル対クロアチアの主審に、日本人の西村雄一を任命したと発表した。副審2人も日本人で、相楽亨と名木利幸、第4審判はイランのアリゼラ・ファガーニ。

エンタメ スポーツ
開幕に備えてトレーニングする西村審判(6月6日) (c) Getty Images
  • 開幕に備えてトレーニングする西村審判(6月6日) (c) Getty Images
  • 2010年ワールドカップ決勝で第4審判を務めた西村(向かって右から2人目) (c) Getty Images
 FIFAは10日、2014ワールドカップの開幕戦、12日開催の地元ブラジル対クロアチアの主審に、日本人の西村雄一を任命したと発表した。副審2人も日本人で、相楽亨と名木利幸、第4審判はイランのアリゼラ・ファガーニ。

 西村審判は前回南アフリカ大会では計4試合をジャッジしている。決勝では第4審判員を務めており、今大会でも決勝で審判を務めると、2大会の決勝で審判をした3人目の日本人となる。

 西村は2004年頃から国際試合に参加するようになり、2007年U17ワールドカップ(決勝含む)、2009年U20ワールドカップ、2010年クラブワールドカップ(決勝含む)、2012年オリンピック、2007年と2011年のアジアカップなどで審判を務めた。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top