トヨタとパナソニック、“クルマと家電をつなぐサービス”を今年後半から提供 | RBB TODAY

トヨタとパナソニック、“クルマと家電をつなぐサービス”を今年後半から提供

 トヨタ自動車とパナソニックは9日、両社で協力して共同開発を進めている「クルマと家電をつなぐサービス」について、2014年後半から提供開始することを発表した。

エンタープライズ 企業
クラウド連携とサービスの概念図
  • クラウド連携とサービスの概念図
  • 「パナソニック」サイト
 トヨタ自動車とパナソニックは9日、両社で協力して共同開発を進めている「クルマと家電をつなぐサービス」について、2014年後半から提供開始することを発表した。

 両社は2013年6月に、クルマと家電をつなぐ“次世代テレマティクスサービスの開発”で協力関係を構築することで合意。トヨタのクラウドサービス「トヨタスマートセンター」と、パナソニックのクラウドとをつなぐインターフェイスの開発を進めていた。

 すでにその成果として、クルマの位置情報と連動して、出かける際にエアコンの切り忘れ通知を行う、または、帰宅時には到着する前にエアコンの起動を提案するといった、新サービスが例示されている。

 共同開発中の新サービスについては、6月18日から東京ビッグサイトで開催される「スマートコミュニティJapan 2014」のトヨタブースにて展示される予定。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top