J:COMテレビ、コミュニティチャンネルでAMラジオを同時再放送……在京ラジオ3局 | RBB TODAY

J:COMテレビ、コミュニティチャンネルでAMラジオを同時再放送……在京ラジオ3局

ブロードバンド その他

J:COMテレビ」のデータ放送のメニューから聴取可能
  • J:COMテレビ」のデータ放送のメニューから聴取可能
  • 「J:COMテレビ」紹介ページ
 ジュピターテレコム(J:COM)とTBSラジオ&コミュニケーションズ、文化放送、ニッポン放送の在京ラジオ3社は27日、J:COMのデジタルコミュニティチャンネル「J:COMテレビ」において、AMラジオの同時再放送サービスを開始した。

 「TBSラジオ」「文化放送」「ニッポン放送」のラジオ放送を、J:COMテレビのデータ放送の音声送信機能を使い、テレビで聴取可能とするもの。この方式でのラジオ音声の再送信は、首都圏で初めての取り組みだという。

 対象は東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、茨城県の各J:COMサービスエリアで、J:COMのネットワークに接続している約441万世帯の家庭で利用可能。地上波10chで放送している「J:COMテレビ」のデータ放送のメニューから、「AMラジオを聴く」ボタンを押すことで、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送が聴取可能となる。

 初めてラジオを聴く場合、アットランダムに3局のうちの1局が選局され、その局の音声が聴こえ、静止画が表示される。他局を聴く場合には「ラジオ選局」ボタンを押すと、周波数順に切替わる。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top