バカリズム、アイドリング!!!に30分のマジ説教……「何をアイドリング!!!ごときが」 | RBB TODAY

バカリズム、アイドリング!!!に30分のマジ説教……「何をアイドリング!!!ごときが」

エンタメ その他

バカリズム
  • バカリズム
  • 「バカリズムのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)
 お笑い芸人のバカリズムが、アイドルグループ・アイドリング!!!のメンバーたちに説教したことを19日放送のラジオ番組「バカリズムのオールナイトニッポンGOLD」(ニッポン放送)で明かした

 テレビ番組「アイドリング!!!」(フジテレビ)から誕生した同グループ。その番組がスタートした当時からMCを務め、メンバーたちとは8年の付き合いがあるというバカリズムは、長い時間をともに過ごしてきただけに、芸人コンビと同じような間柄で、相手に対してたまにムカつくがあるという。先日、そのスイッチが入ってしまったというエピソードを披露した。

 番組が始まる前の前室で、会話をしていたバカリズムとアイドリング!!!メンバーたち。そこでメンバーたちは普段のように、38歳で独身のバカリズムに対して「多分、このまま結婚できなさそうですね」とイジってきたという。そのイジリが“上から目線”に感じたバカリズムは「イイ女目線でしてくるわけですよ! 誰がどう見ても可愛い売れっ子のトップアイドルや、僕の憧れの人だったらいいですよ。何をアイドリング!!!ごときが、なに俺を異性として下に見てんだよと、ムカァ~ッと来て」と当時を思い出して怒りを噴出させた。

 その場で、バカリズムの説教が始まったという。「ちょっとまて、いい加減にしろよ。お前らは俺のことがタイプじゃないかもしれないけど、それ以上に俺はお前らタイプじゃないからな!」「俺のことを結婚相手の物件としてとても低く評価して上から物を言ってくるのがムカつく。お前らも結婚相手としては条件低いからな!」と激昂して返すバカリズム。怒りは収まらず、さらにバカリズムは、アイドリング!!!メンバーと自分は、経済力や将来性などを武器にどちらの方が結婚相手としての価値が高いかということを延々と説明、散々話した後で、すっかり萎縮したメンバーたちに、「結婚相手の条件としてどっちが上ですか? 言って下さい」と尋ね、「すみません、升野(バカリズム)さんでした」と謝罪させたという。

 説教は30分も続いたそうで、収録前にメンバーたちはすっかりテンションが下がりまくってしまったという。そんなエピソードをバカリズムは「こんなの、本当だったらめちゃくちゃじゃないですか。さも正論なようなことで、理不尽なことをあの子たちに言ってるんですよ。客観的に見れば、あの子たちは可愛そうですよ」と、大人気なかった自分の言動を自戒するとともに、「そういうのも含めて、アイドルって大変だなぁって(笑)優しくしてあげなきゃいけないなって(笑)」と語った。
《花》

関連ニュース

特集

page top