日本初の「4Kテレビ放送」、6月2日から試験放送がスタート | RBB TODAY

日本初の「4Kテレビ放送」、6月2日から試験放送がスタート

ブロードバンド その他

チャンネルロゴ
  • チャンネルロゴ
  • 受信方法(参考)
 次世代放送推進フォーラムは20日、衛星放送にて日本初の4Kテレビ放送(試験放送)を6月2日13時から開始することを発表した。チャンネル名称は「Channel4K(ちゃんねるよんけい)」で、CSデジタル放送(高度狭帯域伝送方式)チャンネル502番での放送となる。

 次世代放送推進フォーラムが放送主体(放送局)となって、1日6時間程度(基本・13:00~19:00)、4K60Pテレビ放送(画素数:横3,840×縦2,160、HEVC)を行う。音楽ライブ、紀行、スポーツ番組等、フォーラム加盟の放送局各社が制作した4K番組を中心に、4K高画質番組を編成し、編成・放送内容を拡充していく予定。

 受信には、Channel4K対応受信機の出力に対応したHDMI入力があるテレビ、ハイスピードHDMIケーブル(カテゴリ2)、今後発売予定のChannel4K対応受信機およびスカパー!ICカード、124/128度CSデジタル放送対応アンテナの4つが必要。試験放送は無料だが、コールセンターに視聴申込が必要。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top