重さ26kg、アニー・リーボヴィッツの超巨大写真集が代官山蔦屋書店で公開 | RBB TODAY

重さ26kg、アニー・リーボヴィッツの超巨大写真集が代官山蔦屋書店で公開

エンタメ その他

アニー・リーボヴィッツの巨大写真集「SUMO BOOK」
  • アニー・リーボヴィッツの巨大写真集「SUMO BOOK」
  • アニー・リーボヴィッツの巨大写真集「SUMO BOOK」
  • アニー・リーボヴィッツの巨大写真集「SUMO BOOK」
  • アニー・リーボヴィッツの巨大写真集「SUMO BOOK」
  • アニー・リーボヴィッツ
  • SUMO BOOK
代官山 蔦屋書店にて、フォトグラファーのアニー・リーボヴィッツの(Annie Leibovitz)作品を収録した巨大写真集「SUMO BOOK」が5月26日まで展示されている。

SUMO BOOKはドイツの出版社「タッシェン(TASCHEN)」が発刊する写真集。09年に初めて発刊されたヘルムート・ニュートン(Helmut Newton)の作品を収録したものは、サイズが 51×71センチ、重さは約29.9キロにもおよび、世界一大きな写真集としてギネスに認定された。その後も荒木惟経、セバスチャン・サルガド(Sebastiao Salgado)と刊行、その迫力と存在感で世界中のアートファンを驚かせている。

そのSUMOシリーズ最新作となるリーボヴィッツの写真集は、9,000部限定で全世界で販売中。同氏の作品の中から約250枚の写真が収録されている。その内容はローリング・ストーン誌のチーフカメラマン時代に撮影されたザ・ローリング・ストーンズのワールドツアーのドキュメンタリー写真に始まり、『ヴォーグ』誌のエディトリアル作品や、セレブポートレイトまで、リーボヴィッツの40年以上に及ぶ活動の集大成といえるもの。ジョン・レノンが逝去するわずか数時間前にオノ・ヨーコと抱き合う姿を撮影した1枚など、歴史的に貴重な写真も収められている。価格は29万1,600円。マーク・ニューソン(Marc Newson)デザインのスタンドが付属している。

尚、この作品集が生まれたきっかけとして、タッシェンのオーナーのヴェネディクト・タッシェン(Benedikt Taschen)が、ヘルムート・ニュートンに「あなたのSUMO BOOKを継ぐ者は誰がよいだろう」と相談したところ、サルガドとリーボヴィッツを挙げたという逸話がある。


【イベント情報】
アニー・リーボヴィッツ SUMO BOOK体験
会期:5月9日から5月26日
会場:代官山 蔦屋書店2号館 2階 Anjinカフェラウンジ
住所:東京都渋谷区猿楽町17-5
時間:9:30から深夜2:00
《HEW》

特集

page top