KDDI、Androidスマホが米国でLTE国際ローミングに対応 | RBB TODAY

KDDI、Androidスマホが米国でLTE国際ローミングに対応

エンタープライズ モバイルBIZ

提供エリアと対象事業者
  • 提供エリアと対象事業者
  • 海外ダブル定額(4G LTE)の概要
  • 海外ダブル定額の利用料金
 KDDIと沖縄セルラーは13日、Android搭載スマートフォン/タブレットについて、米国内におけるLTE国際ローミングサービスを開始することを発表した。国内通信事業者として初めてとのこと。5月15日より提供を開始する。

 スマートフォン(isai LGL24、Xperia ZL2 SOL25、GALAXY S5 SCL23、AQUOS SERIE SHL25、URBANO L03)、およびタブレット(Xperia Z2 Tablet SOT21)の2014夏モデルにて、米国AT&T社のLTEサービスエリア内で、LTEによる高速データ通信が利用可能となる。

 LTEによる国際ローミングは、提供エリアにおいて従来のローミングサービスと同様の方法で利用でき、申し込みは不要。さらに、LTE通信料について定額料金で利用できる「海外ダブル定額」の対象となる。インターネット接続サービス「LTE NET」「LTE NET for DATA」の契約が必要。

 なお、米国におけるiPhone 5s、iPhone 5c、iPad Air、iPad mini Retinaディスプレイモデル向けLTE国際ローミングは2013年11月より提供中。
《冨岡晶》

関連ニュース

特集

page top