映画『X-MEN』新作、iBeaconでプロモーション | RBB TODAY

映画『X-MEN』新作、iBeaconでプロモーション

エンタメ 映画・ドラマ

『X-MEN:フューチャー&パスト』日本版ポスター (C) 2014 Twentieth Century Fox
  • 『X-MEN:フューチャー&パスト』日本版ポスター (C) 2014 Twentieth Century Fox
  • 『X-MEN:フューチャー&パスト』 (c) 2014 Twentieth Century Fox
 〈未来〉と〈過去〉の2つの時代を舞台に「X-MEN」が強敵に挑むシリーズ最新作、『X-MEN:フューチャー&パスト』が30日に公開となる。プロモーションの一環として、近距離無線通信システム「iBeacon」を用いたサービスの運用を決定した。

 配給の20世紀フォックス映画では、Apple社開発の「iBeacon」テクノロジーに対応した、TOHOシネマズマガジンアプリを用いたサービスを映画館において運用する。東京のTOHOシネマズ六本木ヒルズとTOHOシネマズ日本橋の2館で14日より開始する。20世紀フォックス映画によると、同種のサービスは世界初だという。iBeaconsは、iPhoneの iOS7以降に標準搭載されており、利用には端末のBluetooth機能をオンにしておく。

 『X-MEN』のビジュアルに近づくと端末にプッシュ通知が届き、ウルヴァリンを演じたヒュー・ジャックマンからのメッセージ付特別映像が見られる。また特設コーナーに近づくとキャンペーンにも参加できる。

 映画業界は、予告編を筆頭に大型宣材物(スタンディ、バナー)、ロビーモニターなどを使って劇場来場者に最新作をアピールする。いっぽうスマートフォン利用の拡大で、オンラインでの宣伝の可能性も拡大している。「その〈過去〉と〈未来〉を結びつけた、これまでにない映画プロモーションが iBeaconです」(本作品パブリシティ関係者)。

 20世紀フォックス映画では、iBeaconシステムを導入したTOHOシネマズマガジンアプリを、今夏には全国展開する予定だ。
《高木啓》

関連ニュース

特集

page top